医療システムの導入

医歯薬系の職種の中でも医師や看護師は時代の変化と共にITに関する知識が必要とされるようになってきました。
従来外来の診察では、医師は患者の体の様子を聞きながら紙のカルテにペンで書き込んでいましたが、最近ペーパーレスが進んできて患者を診ながら専用のパソコンのキーボードを打ちこむ作業に変化してきています。処方箋もパソコンで作成していますが、ただのパソコンでなく医療用のシステムが組み込まれているため、組み合わせの悪い薬を一緒に処方しようとしても警告のサインが出てきて理由を知らせてくれるようになっています。
患者のデータは一元管理されているため、各科にまたがって診察を受けるような場合でもカルテを持ち運ぶ必要がなくなり、医師は受診した科のすべての診察記録や投薬内容が把握できるようなりました。
患者が入院となった場合でも病棟の看護師は各人でデータを閲覧できるため、夜勤で交代になったときも正確に患者のケアに当たることができ、誤った投薬などは未然に防げるようになっています。
このような医療システムの大幅な導入によって総合病院の在り方も急速な進歩を遂げることとなりましたが、システムについて行く医師や看護師もITについての技術習得が必須となり、年配の人たちにとっては猛勉強の対象が増えることとなりました。
医療システムの導入は医歯薬系の忙しさの軽減を図る上で画期的なものと言えるでしょう。このシステムは会計部門などとも連携しており患者、従業員双方の労力軽減に貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です